Tech for Learning

学校でのコンピュータ&インターネット管理運営を現場からリポート
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

2009年観た映画レビュー

 2009年1年間で観た映画のレビューをざっくり書いてみた。
http://movie.ontvjapan.com/users/SanJose/movie/all

今年は、計12本(あと明日アバターを観ておしまい)の観賞となったのだが、Most Impressive Movieは、ベンジャミン・バトンが一番だったな。今年1本目に観たのが本作。何か、1回観ただけで、2回目観ようと思わない。自分がいい映画だな、と感じた映画はたいがいそう。Into the wildもそうで、1回観て心にとどめたいという映画。でも、そういってもNew Cinema PradisoもDVDかってから観まくったと言うこともあるので、もうしばらくしたらDVDを買うかもしれない。。。



ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-07-15)
売り上げランキング: 5924
おすすめ度の平均: 4.0
4 数奇な生涯を送ったある男。「フォレスト・ガンプ」のアナザーストーリーと言えば分かる?
5 ベンジャミンの選択
5 大人向けの童話
5 出逢えて良かった
2 「若返っていく」以外は、あまり”数奇”じゃないのでちょっと退屈。やたら長尺なせいもあり、途中で眠くなりました。
おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

@nifty timeline

おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

チャリティーランin Grobal Festa2009参加

 10月4日(日)、皇居周回レースのチャリティーランin Grobal Festa2009に参加してきました。この大会は、10月6日の「国際協力」の日にちなんで開催される、国内最大級の国際協力のイベントということ。1990年から始またが、イベントの一環として開催されているこのチャリティーランは、今年で16回目を数えると言うこと。
 このレースには、5キロ、10キロ、20キロとリレーがあるが、私は20キロに出場。11月に控えるフルに備え、距離を走る練習もかねての参加だ。今年は、実際、走行距離が伸びておらず、山中湖はさんざんだったので、この20キロで現在の総力を診断するのも狙い。

 今回、終盤いつも悩まされるふくらはぎのけいれんを抑制するために、はじめてレースでSkinsを利用してみることにした。いつもはCW-Xをはいて走っているのだが、いつもハーフゴール手前付近からふくらはぎがつったし始めていた。もちろん、
 実際、その後の痛みや疲労感がほとんどないことにびっくりした。毎回、ハーフを終えると,それなりに足の痛みがあるのだが、今回はレース終わっても、ちょっと足が疲労しているかな、程度で普通にすたすたと歩けたのである。これは間違いなくSkinsの効果であるといえよう。しかし、サポートタイツをはかず、ランパンで走っている人ってのは、本当にすごいなぁと改めて思うなり。

 レース終了後は、日比谷公園内のGrobal Festaにたてられた各国テントで売られている食べ物やグッズを眺めながら散歩。屋台テントチュニジア?ビーフサンドとミャンマーのビールを購入。今年 のテーマは、『環境・気候変動問題』。あわせて、開発途上国における「貧困問題」についての展示・参加型イベントも企画している。スタッフには若い人の数 が目立っていて、生き生きと活動をしていた。うん、なんかいい感じである。

 ちなみに、Grobale Festa2009サイトのページデザインはなかなか参考になる。
評価:
スキンズ
---
コメント:コンプレスタイツで,疲労感が激減。

おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

NFL.comリニューアルそして9ersの快進撃


 9月が近づいてくると、毎年そわそわしてくる。
NFLの季節がやってくるのだ。
すでにプレシーズン線が始まっているが、今年はブレイディの復帰やファーブのミネソタ入り、ビックのイーグルス入りと、話題が満載である。

 その中、毎週チェックをするNFL.comがいつの間にかリニューアルされている。プロスポーツとしては、商売が非常に上手なNFLであるが、ここに来てさらにブーストしようとしているのだろう。

 大まかなページデザインや配色などは変わっていないけれど(ああそういや、ロゴは微妙に変わったんだ)、大きく変わったのは各試合のGame Centerのところ。今まで2D表示だったのが3D表示にも切り替えられたり、ファンのライブチャットもできるしかけができている。また、ビデオ専用のタブも試合後につけられる。昨年の不況の中、NFLもこれから厳しくなってくるか、と危惧されているが、自分たちのやるべきことを淡々と、しかも確実に進めていく、というまさに「ゲームプラン」「シナリオ」にのっとって進めているようだ。ううむ、さすがNFL。

 で、ここで話題はわかるが、本日の@ダラスで9ersはまたしても勝利。プレシーズン戦なんと3連勝こんなことはここしばらくなかった。かつてのダイナスティの頃の影は全くなくなり、9ersは、気づいてみれば若いチームになっていた。チームカラーもウエストコーストオフェンスでなく、ランを中心に据えたオーソドックスな戦術のチームになった。昔を知るものとしては、ちとかなしい。しかし、今プレシーズンとはいえ、勝ちにこだわっているのはシングレタリーヘッドコーチの元、チームづくりが確実に進んでいるからだろう。あの華やかなウェストコーストオフェンスがなりをひそめてしまうのは悲しいが、個人的にはシングレタリーは好きなので、新しい9ersとして応援したい。
 Nate DavisというルーキーQBはHillよりよい。Starting QB担ったら、何かが起きるかもしれない。

 そうそう、9ersのサイトもこの夏リニューアル済み。NFLのサイトを見ることで、ウェブサイトのトレンドを勉強できる、というのは一石2鳥である。

 9ersが快進撃して(微妙)、マンデーとかに出るときには、恵比寿のパブリックビューにいくぞ!

おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

別のTwitter badge

おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Lady☆Salsa観劇、大興奮!


19日(日)にBunkamuraにLady☆Salsa、観に行ってきました。
オーチャードホールは初めて、しかもSalsaのパフォーマンスが観れるとあって、期待(大)で息ましたが、はたして、期待以上の大興奮のショーでした。

ショーはLady Salsaの生い立ちとキューバの歴史を追いながら、ダンサーがその時々のダンスを披露しながら進んでいく。スペインのキューバ入植初期のアフリカからの奴隷のダンスから、ソン、ルンバ、マンボ、チャチャチャ…。それから歴史に名だたるバティスタ、カストロ、ゲバラ、それからラッキールチアーノ(がキューバと関わりがあるとは、不勉強であった)。
ダンスだけでなく背景を知ることで、一層サルサに思い入れが出てきた。
やっぱり、スペイン+アフリカン=情熱的なダンスのできあがり、ということだね。

しかし、それにしても…やっぱりダンスが何と言ってもスバらしい!
特に、女性ダンサーたちのボディームーブメントは半端じゃない!
何であんなに体だがダイナミックにうねることができるのだろうか?何か、蝶が羽をはばたかせて鱗粉をふりまくっているというイメージだ。

最後は観衆総立ちで踊りまくり。
アンコールの後も何度も幕の中からでてくる、サービス精神の旺盛さ。

わずか4日間の公演、観劇できたのは本当にラッキーであった。
もう一回、見に行きたい!ショーである。またぜひ日本でやってもらいたい。



おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ブラウザってなんですか?

 ヤスヒサさんのブログのエントリで紹介してあったビデオ。
私の周りでは、「ブラウザをたたいて」とか「ブラウザ起動して」といっても?という人が多いです。「ブラウザ」という言葉自体まだ、浸透していない感じです。「ホームページ見るときに使うソフト」というと、ああこれね、という反応が来ます。
 ウェブデザインやIT関係の業種でなければ、ITの用語はまだまだ馴染みのないものなんだろうなぁと改めて思いました。そう言えば、学内のプレゼンで「ICT」を使ったところ、?という顔をされました。ITはわかるけれど、ICTになるとダメらしい。
 一度、学内でテクノロジー関係の用語チェックでもしてみようか、と思いました。
おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

大手小町のエントリ「1000万円で…」を読んで。

たいしたことでもないが、ちょいとメモ。
・大手小町
・発言小町
ですかぁ。
主婦(だけでなく既婚女性)がターゲット層らしい。
発言小町への投稿には、検閲(と表現すると物々しいが)の上、掲載されるらしい。まあチェックあり、という感じだね。

 で、なんでこれをメモしたかというと、はてなで1000万円で許される贅沢という書き込みがブクマされていたから。派遣切り、が大々的に報じられている最中、この中身を読んでみると、あまりにも経済感覚にずれがある層があるのだな、と思わざるを得ない。違和感を感じるのは私だけ?
おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

2008年「観てよかった」劇場公開映画ベスト10

2008年に劇場に観にいった22本の中から、ベスト10をカウントダウン!
キーワードは「搾取」「格差」だった。
ドキュメンタリーものが多かった。
ハリウッド映画は少なかった。
ファンタジーではなく、現実に目を向けるべき、という流れの1年だった。

#10 いまここにある風景
「世界の工場」中国の実態を淡々と描写していく映画。Made in Chinaの裏側をぜひ見るべきだ。

#9 クライマーズ・ハイ
御巣鷹山の事件を題材にしたフィクション。だけれども、新聞というメディアがどのように動いているのかの内側を知る好作品。

#8 ぐるりのこと。
リリーさんと木村たえの夫婦がなんともいいです。それにしても、今年は邦画結構観にいったなぁ。。。

#7 おいしいコーヒーの真実
この映画を観てから、常に頭の片隅に「搾取」の2文字が浮かびます。でもコーヒーはやめられない…。

#6 1000の言葉よりも−報道写真家ジブ・コーレン−
 いやあ”スーパー”報道写真家ですよ、彼は。But,映画の主人公としてかっこよく制作しすぎ?

#5 動物農場
 アニメーションだからとお気軽には観れない映画。直接的な粛清はないけれど、いまの日本も、やんわりと、じわじわと、確実に搾取の構造をFIXされてきていないかい?

#4 女工哀歌
これも「搾取」がテーマ。適正な価格って難しいけれど、競争原理で低価格のしわ寄せが末端の女工のレベルに来ていることが映像で眼前に置かれると、それでいいのか、と考えてしまうはずだ。


#3 アラビアのロレンス完全版
はるか以前にビデオで見たのだけれど、ぜんぜん頭に入っていなかったことが判明。いやあ、すばらしい!の一言。これは映画館で観なければ!!!

#2 フツーの仕事がしたい
労働者一人では簡単に権力に踏みにじられてしまう。だからこそ、たくさんの労働者が集まり、権力に対峙していかねば、と突きつけられた映画。しかし、これ演出でないんだよね。。。文字通り、監督が体をはった生み出した懇親の1作。

#1 Into the wild
今年、自分のナンバーワン!アラスカの荒野で餓死して発見された青年の旅物語を振り返る。
アメリカの雄大な自然と1個人の生き様が描写されている、この作品に出会えたことを幸せに思う。
ショーン・ペンの感性に敬服するばかり。



おまけ | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

2009年やりとげたいこと10

 ブログに年初のおもいを綴る人がいる(増えてきた)。うれしいよね。Chikirinさんのエントリもいい。 

 で、だ。
 「2009年やりとげたいこと10」今年も掲げてやっていこうと思います。新しく掲げるもの、継続するもの混在ですが今年のラインアップは以下の通り。

 〜甬きを習慣づける  
 今年の#1ピック。
 日本でも「早起きは三文の得」と言います。昨年もこの目標を掲げました。早起きした日は、1日上機嫌だし、仕事はもちろんばりばり進むし、何より人生が豊かになるスピリチュアル感いっぱい、いいことばっか、です。 習慣が人間をつくります。
  さ、がんばろう。
 てか、がんばらなくてもフツーにそうなるようにしたい。 

月間100キロ走
 これも継続事項で#2ピック。昨年スローダウンしてしまった月間100キロ走を今年こそはクリアしたい。朝4キロ×20日で80キロプラスどこか2日間で10キロで100キロだ。こんなにうまく行くとは思わないが、今年こそは年間1200キロ走破したい!!

フルマラソン4時間30分切り
 これも継続課題。練習を重ねれば、絶対に超えられる数字である。今年の河口湖でぜひクリアをしたい。

い仕事サイトの完全リニューアル
 新規事項。いよいよトータルにサイトリニューアルをすべき、いやしなくてはならない時期になってきました。インプットは結構できたので今年はそれを生かしてアウトプットとしてサイト構築をしましょう。これは一人ではできません。仲間をつくってディスカッションしながら、いいものをつくりあげていく、そういうようなサイト制作を進めていければと思います。

シ从僂諒拔 
 新規事項。この歳になって、ようやく経済を勉強することの大切さ、楽しさがわかってきました(いままでいかに不勉強だったことか!)。ので、超!初級段階から勉強していきます。 
  • アメリカの高校生が呼んでいる経済の教科書 
  • マンキューの経済学(上)(下) 
は読了したい。 


資格試験を受ける。
 資格受験は、自分の客観的なポジションを把握する上でとても有益。
 今回は、「経済」と「英語」の力試しをぜひ行いたい。英語は、昨年からiKnow(最近あんまダメ)やELS Podcastなどを利用し、日ごろの「何気ない」勉強が定着。簿記は昨年からバランスシートやキャッシュフローを勉強する機会ができたので、今年はちょいと本腰を入れてみようかと。
  • 簿記3級、2級の取得。
  • TOEIC
ま、これはエントリすれば否が応でもやらねばならなくなるので、強制的にやりましょう。さくさくと。

以下、制作途中。
・姿勢をよくする。中心に軸があるように!
・内にこもるな!外に出でよ!!

・シンプルライフの追求
 歳をとってくると、気がついてみると無駄にたまっている、というモノが多い。本などは典型的である。でも実は、住まいだって同じ。無用なものが意外と増えてしまっていたりする。そして、自分がこの世にある限り、最後まで住まう「身体」も。
 どれも本当に自分にとって必要なもの以外は、そぎ落として軽くするべきなのだ。

・ブログエントリーをちゃんとする。
・NYon2を上手に。
・ジムに週1は行く。筋トレ、DVDトレを。
・amazon, iTMSのレビュー,wikipediaへの編集参加
・不平は言わない。

おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

タグホイヤー フォーミュラー1 ドリームキャンペーン

 RSSリーダーで購読する

Tech for Learning

↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう