Tech for Learning

学校でのコンピュータ&インターネット管理運営を現場からリポート
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Movable Type4を2003サーバ導入作業メモ | main | 新年度に向けて準備メモ >>

MT4にようやくImage::Magickが認識された!

先週の(土)から、Windows2000 ServerでMT4を動かそうと作業中。MT3.2→MT3.35とアップグレードしてきて、4月、新年度目前になってようやく重い腰があがった。

これまでもそうだったのだが、やっぱり自分にとってMTのインストール作業はストレスがたまる。もう記憶のかなたでぼんやりしているが、前回のMT3.35のときもシステムチェック(mt-config.sys)をかけると、データストレージモジュールとオプションモジュールのところで苦しんだ。今回もやっぱり?おんなじか所で苦しんでいる。こう書くと学習能力がないみたいだ。

データストレージモジュールでは、
今回は前回のSQliteにつづいて、MySQLでデータ管理してみようとインストール。ただし、まだデータベースの登録ができていないせいか、認識しない。
SQLiteの方はOK。

問題のオプションモジュールだが、MT4になって随分とオプション項目数が増えている。
大事なImage::Magickだけでなく、Crypt::dsaがうまくはいらず。
ほか、
IO::Uncompress::Gunzip
IO::Compress::Gzip
Mail::Sendmail
が入っていないという赤いラインで示されている。
このオプションは、あまり自分にとっては必要でないかもしれないが、でもSendmailは入れたいなぁと思ったり。

一番、ストレスになったImage::Magickだが、これまで保存していた各種バージョンをインストールしても、どうもチェックでは認識してくれない。

 ググってみたら、以下のページが見つかりました。ほぼ自分とおんなじ環境。
自分は、ActiveState Perl v5.8.8.build820のがguild822になっているだけ。
早速同じように、コマンドラインでインストールができ、とても助かりました。
ありがとう!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312758908
ウェブデザイン・ツール | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tech4learning.jugem.cc/trackback/1215
この記事に対するトラックバック
必須ではないというもののなぜかうまくインストールできなかったが解決した。 Ima...
Image::Magick 導入完了 | mobilepcclub | 2008/09/28 10:18 AM

タグホイヤー フォーミュラー1 ドリームキャンペーン

 RSSリーダーで購読する

Tech for Learning

↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう