Tech for Learning

学校でのコンピュータ&インターネット管理運営を現場からリポート
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< NFL.comリニューアルそして9ersの快進撃 | main | @nifty timeline >>

チャリティーランin Grobal Festa2009参加

 10月4日(日)、皇居周回レースのチャリティーランin Grobal Festa2009に参加してきました。この大会は、10月6日の「国際協力」の日にちなんで開催される、国内最大級の国際協力のイベントということ。1990年から始またが、イベントの一環として開催されているこのチャリティーランは、今年で16回目を数えると言うこと。
 このレースには、5キロ、10キロ、20キロとリレーがあるが、私は20キロに出場。11月に控えるフルに備え、距離を走る練習もかねての参加だ。今年は、実際、走行距離が伸びておらず、山中湖はさんざんだったので、この20キロで現在の総力を診断するのも狙い。

 今回、終盤いつも悩まされるふくらはぎのけいれんを抑制するために、はじめてレースでSkinsを利用してみることにした。いつもはCW-Xをはいて走っているのだが、いつもハーフゴール手前付近からふくらはぎがつったし始めていた。もちろん、
 実際、その後の痛みや疲労感がほとんどないことにびっくりした。毎回、ハーフを終えると,それなりに足の痛みがあるのだが、今回はレース終わっても、ちょっと足が疲労しているかな、程度で普通にすたすたと歩けたのである。これは間違いなくSkinsの効果であるといえよう。しかし、サポートタイツをはかず、ランパンで走っている人ってのは、本当にすごいなぁと改めて思うなり。

 レース終了後は、日比谷公園内のGrobal Festaにたてられた各国テントで売られている食べ物やグッズを眺めながら散歩。屋台テントチュニジア?ビーフサンドとミャンマーのビールを購入。今年 のテーマは、『環境・気候変動問題』。あわせて、開発途上国における「貧困問題」についての展示・参加型イベントも企画している。スタッフには若い人の数 が目立っていて、生き生きと活動をしていた。うん、なんかいい感じである。

 ちなみに、Grobale Festa2009サイトのページデザインはなかなか参考になる。
評価:
スキンズ
---
コメント:コンプレスタイツで,疲労感が激減。

おまけ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tech4learning.jugem.cc/trackback/1413
この記事に対するトラックバック

タグホイヤー フォーミュラー1 ドリームキャンペーン

 RSSリーダーで購読する

Tech for Learning

↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう