Tech for Learning

学校でのコンピュータ&インターネット管理運営を現場からリポート
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< トラックバックの説明のためのネタ | main | 視覚を騙す絵 >>

匿名ブログor実名ブログ

授業でブログを利用するにあたり、投稿者の部分をどうするか考えてみる。
学校の授業で取り上げるのだから実名ブログだろう、と考えているが、いろいろな考えもあるだろうということで、とりあえず匿名ブログ、実名ブログに関して、どんな考えがあるのか調べてみた。
すちゃらかな日常 松岡美紀の匿名の心理、実名の心理〜暴言の抑止力になるものは?が学校でブログを活用する際の考え方のベースとしてよいだろう。
また、浜松の小野さんが実名ブログか?匿名ブログか?で引用されている、
掲示板でその他大勢の一人として雑談するのではなく、ブログは自分が主役の場で、「情報発信をする」という強い意志の現れです。ブログが掲示板と明確に違うのは継続性です。
がブログを授業に導入する大きな意義だといえる。

まだざっと読んでいないが、
福田::漂白言論は、2回に分けて実名ブログの浸透可能性について取り上げている。トラックバックもコメント量も多くヘビーなディスカッションが行われている。
実名ブログの浸透可能性(1)実名ブログの浸透可能性(2)
大流行「ブログ」でストーカーに狙われる
トラックバックポリシーを作ろう
授業のネタ | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

このたびは記事内容に入れていただき感謝申し上げます。またTBもいただきましたのでコメントさせていただきます。これからもよろしくお願いします。
ono3535 | 2006/01/22 8:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tech4learning.jugem.cc/trackback/507
この記事に対するトラックバック

タグホイヤー フォーミュラー1 ドリームキャンペーン

 RSSリーダーで購読する

Tech for Learning

↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう