Tech for Learning

学校でのコンピュータ&インターネット管理運営を現場からリポート
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
 都内の某学校のテクノロジー担当。学内のネットワークシステムをはじめとしたハードウェア管理から、教材作成やウェブサイト制作・管理・運営、他テクノロジー機器を組み込んだ授業プランニングや講習・広報活動…とよろず請け負い的に仕事をしています。
 最近は、授業で使えそうなフリーウェアを探しだすのも仕事兼趣味としてヘビーになってきました。

 2004年には、いくつかのウェブデザイン関係のセミナーに参加し、フルスタイルのCSS+XHTMLがトレンドになることに衝撃を受けました。WWWに始めてアクセスし、自分でHTMLを平打ちしてウェブページを作ろうとがんばっていたMosaic時代以来、がんばって勉強しなければ、という気になりました。
 とりあえず、何とかフルスタイルCSS+HTMLでうちの学校サイトができました。

 しかし、そんな感激に浸っているのもつかの間、2005年の日本のウェブのトレンドは大きくブログへとシフトしてきました。猫も杓子もブログって感じ。そういうトレンドもあって学校サイトでもブログを立ち上げるところがずいぶんでてきました。しかし、それが従来からの学校ウェブサイトと違うのは、自ドメインに立ち上げるのではなく、ブログプロバイダーのアカウントで作っているところ。現在のところ、自分の学校のドメイン内にブログを立ち上げている学校はほとんどありません(商用サイトのブログを使うことが禁止とされている学校もあるようです)。

 ブログはお手軽に立ち上げることはできるものの、デザインをカスタマイズし、自分のサイトに作りこむというのには、静的ウェブサイト以上にハードルが高いものです。
 
 そういう中で、かなりカスタマイズ生の高いブログツールMovableTypeに注目しています。MTを使って自校サイトにブログを立ち上げる学校が2006年度からいくつか出てくるのではないかと思っています。

 ビジネスブログという言葉が注目を浴びてきましたが、作りこんだ学校ブログというのが注目されてくるような気がします。

タグホイヤー フォーミュラー1 ドリームキャンペーン

 RSSリーダーで購読する

Tech for Learning

↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう